カートを見る マイページへログイン リアル店舗の案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

恋愛成就・結婚運UP健康運UP・癒し金運UP・仕事運を応援お守り・幸運を呼ぶ天然ヒマラヤ産水晶原石・クラスター浄化用アイテム

HOME > は行 > ハーキマーダイヤモンド

【ハーキマーダイヤモンド】 ハーキマーダイアモンド

和名:ハーキマー水晶
硬度:7
意味・特性:
 ☆潜在意識へとアクセスする
 ☆夢の中で気付きをもたらせてくれる
 ☆持ち主の顕在意識を向上させ、可能性を伸ばす
 ☆才能の種を咲かせる

ハーキマー・ダイヤモンドは、アメリカ ニューヨーク市の北、約50kmに位置する堆積岩で出来た丘稜地帯《ハーキマー地区》にて産出される両剣・両錘《ダブルターミネーティッド》の水晶のことをいいます。
5億4200万年より以前の遥か太古の地球。
恐竜の時代よりも遥か昔、陸地には虫や動物の姿は無く、草木すらも生えていませんでした。
(原始的な植物が現れ、地上の大気中酸素濃度が増えだしたのは、古生代オルドビス紀の後期といわれています。)
しかし、5億4200万年前から5億3000万年前に起こったとされるカンブリア大爆発《進化の大爆発》を迎えた後、海の中では、あらゆる生物の祖先ともいえる多種多様な生命が海の中で最も活発に繁栄し、様々な生き物たちの世界が花開いた、生物の進化が最も激しかった時代です。
それは我々人類だけでなく、現在の地球上で生きている全ての生命の運命を左右する重要なターニングポイントでした。
そんな、約5億年(最下層)〜4億5,000万年(上層)前の、古生代カンブリア紀後期〜古生代オルドビス紀中期にあたる、アメリカ・ニューヨーク州の地層。
現在のニューヨークがまだ海底だった頃、古代の地層の1部を形成する苦灰岩(ドロマイト質石灰石)を含む、硬い砂岩のような堆積岩を母岩とし、その隙間や空洞内部にハーキマーダイヤモンドは生まれました。
また、結晶化学式はSiO2=クォーツ(水晶)になりますが、全くの無加工の状態にもかかわらず、まばゆい輝きと綺麗な光沢を放ち、その様相がまるでダイヤモンドの様に見えることからその名前が付けられました。
(※コールタールやドロマイトが表面に若干付着またはインクルージョンしてるものもあります。)

神秘的な輝きが見る者を魅了するドリームクリスタル:ハーキマーダイヤモンド。
その効果は、水晶特有の浄化のエネルギーだけでなく、持ち主の潜在意識意識領域へとアクセスし、人生においてのベストルートへと導いてくれるといわれています。
それは、昼間の覚醒している時よりもむしろ、睡眠時の枕元にこの石を置いておくと稀に、とても鮮明な夢(予知夢)を見ることがあり、その夢の中で『重要な気付き』をもたらすとされることから別名:《夢見の石:ドリームクリスタル》とも呼ばれています。
また、ハーキマーダイヤモンドの粒は、両剣・両錘という形状の通り、《希望の種》や《才能の種》との表現をされることもあり、持ち主が日々努力をし、継続して持ち続ける夢や目標などの願望を成就できるよう働きかけ、向かうべきベクトルに照準を合わせ、驚くほどにその人の意識を向上させてくれるといわれています。
私達人類には想像もつかない程の太古の昔に誕生し、あらゆる生命の祖先ともいえる存在を記憶している石、ハーキマーダイヤモンドは、遥か時を越えた現代においてもなお、時代を見続け、この世に生きとし生ける全ての存在が、更なるステージへとステップアップできるよう、これからも暖かく見守り続けてくれるでしょう。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜3件 (全3件)

1件〜3件 (全3件)